危険日でも余裕のアフターピル!私の味方の避妊薬

避妊のためのピル

思春期になると、学校の保健体育授業や友達同士の会話で避妊について学んだと思います。一般的に使用されてますのが男性着用がコンドームですが、性感染症対策としてでも活躍しています。
コンドームの歴は古く約紀元前3000年頃前から使用されていました。
1870年代頃になると避妊具、性感染症予防具として本格的なコンドームが生まれました。そして、25年後に現在発売されています、基礎のラテックス製コンドームが開発されました。
様々な研究を重ね今の日本のコンドームは薄くて、丈夫と評判が高いようです。
しかし、こんなに丈夫と有名ですが、サイズが合わないく途中で外れたり、破れたりと思っていない事故が発生してしまい慌てる方多くいらしゃいます。使用前に、爪等で破れていないかサイズが合ているかの確認が必要になります。
使用前に注意してるが心配の女性の方は避妊対策として、毎日同じ時間に1錠服用する低量ピルの使用が大変、増えてきています。
男性側は精子を外に出したから避妊してると自己満足のSEXをしています。これは自己満足の避妊対策になります。女性は8割が男性に合わせてSEXしています。相手の事を思いやりのある、SEXをする事でお互い快感へと繋がります。
では、コンドームが破れてしまったり、コンドームを着けないでエッチしてしまった等で緊急に避妊対策が必要となった場合の避妊薬のアフターピル(アイピル)を使用すると良いでしょう。アフターピル(アイピル)は緊急用の避妊薬となります。
注意しなければならないのが、性行為後72時間以内に1錠服用しなければ効果がありません性行為後2日になりますと効果が薄れてきます。緊急用の避妊薬として開発されました。アフターピル(アイピル)の有効成分のレボノルゲストレルが着床を防ぐ働きをします。その為、ホルモンの働きで不正出血や生理が早く来る方がいます。また、胸の張りで胸の痛みを感じる事やお腹の張り、下痢、嘔吐の症状が現れます。このような症状がある場合は医師に相談して下さい。

アイピルの効果や副作用についての詳細はこちら